広瀬工務店 永く安心な家づくり

リフォーム

リフォーム・リノベーション

みなさんは「リノベーション」という言葉をご存知ですか?

英語で「刷新」を意味する言葉で、不動産業界では、中古マンションを購入し”自分流”に改修することを指します。 新築物件よりも低予算でマイホームを持てるのが魅力で、二十〜三十代の若者層を中心に関心が高まっています。
かくいう私も、二年前に築30年近いオリーブハイツを700万で購入し、その際全面的に手を入れました。 下の写真がその時のものです。
マンションは外廻りは管理組合が管理しているので自由にいじることは出来ませんが、室内は自由に改装できます。
住宅の設備は毎年リニューアルされて、浴室には暖房乾燥機、キッチンは食洗機/IH/対面キッチン/アイランドキッチン、 洗面、トイレと昔とは比べようもないほど進化しています。また壁もクロスではなく珪藻土で仕上げ、床を床暖/フローリングで仕上げますと、 自分流新居が完成します。無論上記のようなリノベーションを行いますと内容によって500〜800万かかりますが、 同様の設備だと新築マンションなら3000万はしているはずです。
最近は高層マンションが人気を呼んでいますが、考えてみてください。眺望を毎日見ていて慣れっこになってしまって感激を 失くしたあと、地震や火災,台風などの自然災害が発生した時の怖さを…。 住まいは流行に左右されてはいけないことをお忘れなきよう。
中古マンションのリノベーションに興味のある方は、お気軽にご相談下さい。

▼下の写真をクリックすると写真が拡大します▼